「口臭」カテゴリーアーカイブ

子どもの口臭の原因について

口臭と聞くと加齢によるものが多いと思われがちですが、子どもも口臭を発生させる可能性はあります。子どもの口臭の予防や改善を行うためには原因をしっかり理解することが大切です。

子どもの口臭の原因は、歯の磨き残し、口腔内の乾燥、舌の汚れの蓄積、蓄膿症(副鼻腔炎)、消化器官の不調などが挙げられます。キラハクレンズ

子どもの口腔内の清潔を保つためには、保護者のの管理が重要となります。歯の磨き残し、舌の汚れの蓄積は適切なケアを行えば改善できますのでしっかりと行っていきましょう。食後の歯磨き習慣を身に着けることや保護者が仕上げ磨きを十分行い、口腔内の清潔を保つことが大切です。

口腔内の乾燥に関しては、適切な水分摂取を行い、乾燥を防いでいくことが重要です。

アレルギー性鼻炎や感冒症状が長引くと副鼻腔炎を併発し、口呼吸になります。口呼吸を行うことにより口腔内の乾燥が進み、口臭の原因にもなりえます。鼻汁・鼻づまり等の症状を感じるときは医療機関への受診をお勧めします。

また、消化器系の病気や風邪、便秘でも口臭が発生する可能性があります。まずは原因となる疾患を治療することが重要となりますので、医療機関を受診し相談することが大切です。

口臭の原因になる歯間のつまり

口臭の原因にもなるのが、歯と歯の間に食べ物がつまることです。http://www.safran-de-lectoure.com/

私の場合、昔から生えてきそうでなかなか生えてこなかった親知らずが、30代半ばになって急に生えてきました。

すると、その手前の歯との隙間に食事の度に食べ物が挟まってつまるようになりました。歯と歯の間に食べ物が挟まると、ものすごい不快なもので、糸ようじなどを使って掃除をするようにしています。

食後すぐに食べ物を取り除くことが出きれば良いのですが、場合によっては時間がちょっと経ってから、歯間の掃除をすることになったりします。すると、臭いが気になります。これが口臭の大きな原因にもなっていると思います。

この前、歯医者にて歯科検診と歯石除去をしてもらってきました。最近は親知らずのこともあり、これまでより普段から歯間のケアもしてるつもりでしたが、やっぱり自分では出来ていない口内ケアです。プロの方にケアをしてもらったら、驚くほど歯間に隙間ができたし、口臭もかなりなくなりました。糸ようじで歯間ケアをしても、イヤな臭いが減りました。やはり、日頃から本当にしっかり歯間のケアをしておかないと、プロではないのでちゃんとした管理が出来ないものです。歯間のケアを集中してやりたいと思っています。

口臭の原因は?対策は?

口臭の主な原因は食べ物や嗜好品、口内細菌、歯周病を始めとした病気によるもの。

まず口臭には生理的口臭、病的口臭、そして心理的口臭の3種類があります。

ブレスマイルウォッシュは販売店での市販なし…!私の口コミと効果を暴露

生理的口臭とは口腔内の不衛生や起床直後など雑菌が急激に増殖したもの
病的口臭とは歯周病や虫歯など口腔内の病気だけでなく、糖尿病や肝臓病など体内の病気によるもの
心理的口臭とは他2つと異なり検査で認められない口臭で、本人のみ口臭があると思い込んでいるものです。

本題の口臭が発生してしまう原因は4つ!
1食べ物と煙草やアルコールなど嗜好品
2口内細菌が食べかすなどを分解発酵させる過程で出るガス
3舌表面の白っぽい汚れ。
4歯周病や虫歯、その他体内の病気

舌表面の白っぽい汚れには口内細菌がいますから2と同じです。
つまりほとんどは口内細菌によるものになります。

さて対策ですが、
病気が原因のものに関しては原因の病気を治療しないと治まらないので早めに受診しましょう。
心理的口臭は思い込んでいる状態なのでカウンセリングや相談をおすすめします。

それ以外の普段からできる対策として歯磨き、舌磨き、唾液の分泌量を増やすことで防ぐことができます。

歯磨きの際には一本一本丁寧に磨くことで食べかすや歯垢の除去をし、

舌磨きの際には奥から手前へと汚れをかき出すように優しく動かします。
強くこすってしまうと表面が傷ついてしまうので優しーくしてください。
舌磨きはⅠ日1回まで!やりすぎも傷つけてしまう原因となってしまいます。

唾液の分泌を増やすには食事の際よく噛むこと。
他にガムを噛んだり、耳の下辺りにある唾液腺と呼ばれる場所をマッサージする方法があります。

そもそも口臭とは「他人が不快に感じてしまう口の臭い」のことを言うようです。
他人からは指摘されにくいものですが、体のバロメーターの一つと考えることもできるのではないでしょうか。
健康のためにも普段からしっかりと対策をしておきたいですね。

口臭が気になる時間や場所は?

外へ行くときには必ずマスクをするようになった今、お口の周りのお手入れがおろそかになっていませんか?

女性なのに口ひげみたいな産毛をついついそのままにしてしまっている、だとか、鼻から下はお化粧しない、なんていう話はツイッターやテレビのネタとしてありふれたものになっています。

お口の周りがおろそか、ということは、「お口」そのものもおろそかになっているということ。歯磨きだとか口臭対策がテキトーになっている方もいるのではないでしょうか?

  

何を隠そう、私がその一人。

あんなに薄いものなのに、マスク一枚による安心感って、絶大です。以前は人と会う前には、長い時間をかけて念入りに歯みがきしていたのに、今はササっと済ませてしまっています。

でも、マスクもしているし、そもそも前とちがって近い距離では話さないし、口臭のことなんて気にしてませんでした。

そう、あの時までは‥。

辛口評価!ブレスマイルウォッシュ愛用者のネット上の評判や私の口コミをご報告!

つい最近、夕食を終えて歯磨きも済ませた夜のことです。下の子の保護者会で役員をしている私は面倒な仕事を片付け、夕食のお皿も洗い、楽しみにしていた缶ビールをプシュッ!! まさに至福のひと時を過ごしていました。

その至福のの時間を奪ったのは、生意気ざかりの15歳の娘からの一言。

「ママの口、臭い」

追い討ちをかけるように

「ママの口が臭いせいで、部屋全体が臭い」

本当にショックで、酔いも覚めました!!

夕飯後の歯磨きはしたし、今日ぐらいはお酒を飲んだ後の歯磨きは省略して、このまま気持ちよく寝てしまおうかな?と思っていましたが‥

おとなしく歯磨きに向かいました。

たとえ家族であっても、臭い思いをさせたのは悪かったし、何よりも相手が家族でよかったなという気持ちです。ママ友に「なんか臭くない?」なんて言われたら心が折れて立ち直れません。

半分は、思春期の娘の虫のいどころが悪くて、もともと娘の嫌いなお酒の臭いが鼻についたんだよね、とも思いましたが、それにしてもお酒の匂いをぷんぷんさせてちゃダメですよね。

マスクをしたままの今こそ、「マスクを外すタイミングではお口の臭いに注意しないといけないな‥」と思わされた出来事でした。

それは、主婦の私にとっては「家にいる時間」ですが、お勤めの方の場合は、会社の中でマスクを外す「食事中」とか「休憩中」が、要注意ポイントかもしれません。

たとえほとんどの時間マスクをするのだとしても、変わらずにしっかりしなくてはいけませんね。

正しい歯磨きのやり方

子供の頃に教わった歯磨きの仕方は、歯ブラシを横に動かす磨き方です。しかし、本当は歯ブラシを縦に動かして磨きます。何故かと言うと、横に歯ブラシを動かすと歯の隙間に歯ブラシが入りきらず、思考が残ってしまい、口臭や虫歯の原因となってしまうからです。

http://keepournetfree.org/

また、歯に対して垂直に当てて磨きます。こうすることで、ブラシがしっかりと歯にあたって汚れを落とすことが出来ます。たくさんの歯を一気に洗うのではなく、1、2本の歯を丁寧に洗うイメージでブラシを動かしてみてください。

こうすることで、より綺麗に歯磨きをすることが出来ます。歯磨き粉を使う量も大切なポイントです。

付けすぎてもゆすぎきれずに残ってしまい、身体に悪影響を及ぼす可能性がありますし、少なすぎても汚れを落としきることかわ出来ません。目安の量は、歯ブラシの半分程度の長さです。毎日使うものなので、意識しながら使ってみてください。

そして、ゆすぐ回数も大切です。しっかりと口の中をゆすぐのですが少なくても10回ほどは行ってもらった方がいいです。ゆすぎ方も、左右のほっぺた辺り、前歯の辺りと部分を分けてゆすぐことで、歯ブラシで落としきれなかった汚れも水圧で落とすことが出来るので綺麗な口内を作ることができます。