投稿者「herakera」のアーカイブ

正しい体系認識と、健康的なダイエット

「痩せなくちゃ、価値がない」

そんな誤った認識を持ったのは、20代前半の頃。

シボルの効果やネット上の評判は?最安値で購入可能な通販サイトもご紹介!

高校時代に行ったダイエットの成功体験、医療関係の専門学校で学んだ健康の大切さ。

これらから、食生活や体形に関する正しい知識は持っていたはずなのに、あるきっかけを境に崩れていきました。

それは、うつ病の罹患です。

この体験で伝えたいのは、「ダイエットの前に、正しい体形認識を行う」、「心身が不安定な状態でダイエットを行わない」ということ。

あくまでも個人の体験なので、うつ病になったからといって痩せたい願望が生まれるわけではありません。

心を病んだとき、自分の価値を見出すことができなくなりました。

そんな頃、「痩せたね」という言葉を多く受けた私は、「私は太い。もっとダイエットしてスマートになれば、価値がある」と間違った認識をします。

大事なエネルギー源であるお米や油に対する恐怖を覚え、食事が喉を通りません。

主食はチアシード入りの豆乳スムージー。

標準的だった体重はみるみる減少し、BMIは18を切りました。

しかしストップをかけたのは、家族の存在です。

間違った認識をする私に対し、家族は何度も「これは、健康的じゃないよね」と諭してくれました。

うつ病の治療を数年続け、ようやく寛解を迎えた頃…。

ゆがんだ認識はどこへやら、食事を楽しむ自分がいました。

心が不安定だったからこそ、間違ったダイエットを行ったのかもしれません。

しかしそれは、自分も家族も悲しませることです。

私はもう、自分も大切な人も悲しませたくない。

そんな思いから、日々健康とは何かを考え、生き生きと暮らせる方法を模索しています。

正しい体系認識、健康的な心と体。

どちらも理解して初めて、「こんなダイエットをすればさらに健康的」といった目標ができるのです。

この体験が誰かのお役に立てることを、願っています。

毛穴の汚れはクレンジングで改善

暑くなり毛穴が気になる季節になりました。スキンケアの中で1番重要なのはクレンジングです。

モイスポイント

不要な皮脂や角質を毎日しっかり取り除く事で化粧水や美容液の浸透が格段と良くなります。クレンジングの種類は様々。クリームタイプ、オイルタイプ、拭き取りタイプと様々ありますが皮脂にはリキッドが1番効果的です。

今まで色々なクレンジングを試してきました。

クリームタイプのクレンジングは肌に摩擦がかからずしっかり保湿をしてくれるので洗い上がりはしっとりします。しかし毛穴の奥の汚れまで取りきれず何日か経つと角栓がプツプツと出てきてしまったので毛穴の奥まで落としきれませんでした。またアイメークも落ちにくいです。

拭き取り化粧水は何度もコットンで拭き取るので肌に摩擦がかかり負担が大きいです。毛穴の汚れもなかなか取れず角栓ができてしまいます。最終的に落ち着いたクレンジングはオイルタイプでした。アイメークの落ちにくい汚れから毛穴の奥の汚れまでするっと綺麗に落ちます。

ただ、落ちすぎてしまうので洗顔後すぐに化粧水や乳液などで保湿する事が大事です。肌にとって何が重要かというと毛穴に汚れを残さない事が1番美肌への近道だと思いました。

ガムとキャンディーでダイエット

ダイエットというと、どうしても体重を減らすために追加で何かすることを考えがちですが、何よりも先ず行うべきは、体重を増やしている原因となる習慣を改めることです。

摂取カロリーが減れば、それだけ消費すべきカロリーも減りますから、より手軽に負担の少ないダイエットを実施することが出来ます。シボルの通販最安値は?

今回注目したいのは、「口寂しいから食べる」という習慣に対抗するための、ガム&キャンディーダイエットです。

自分自身の毎日の生活を見返してみると、特にお腹がすいているわけでもないのに、なんとなく口が暇だからと言う理由でお菓子を食べてはいないでしょうか。これはなかなかに危険なもので、そもそも空腹を満たすためにお菓子を食べているわけではないので、食べ終わってまた口寂しくなればまた食べるという、危険な流れが生まれやすいのです。ガムやキャンディーは、口寂しさを紛らわせながら、なんとなく何か食べた気にもさせてくれる優秀なアイテムです。

キャンディーぐらいなら、多く食べてもたいしたカロリーにはなりませんし、色々な味わいを楽しむことも出来ますから、口が退屈することもありません。ガムやキャンディーを食べたことで、気持ちの上での空腹感がおさまれば、食事でドカ食いすることも防げますので、是非ともオススメのアイテムです。

マスクで肌荒れ、ほうれい線が目立ってきた

最近はマスクをしているからお肌のトラブルがふえました。洗面台の鏡を見た時にほうれい線の溝が深くなってきてショックでした。肌荒れ、乾燥がひどくなり、マスクをするようになってから半年の間に肌が老化してしまったのです。

テレビで見ていたら「マスクほうれい線」に悩む女性がふえているといっていました。

マスクをするようになってからは口を動かすことが減りました。

そこで紹介されていた運動を実施しました。運動といっても体を動かすのではなく、お顔の筋肉を使い、表情筋を動かす運動です。

「あ・い・う・え・お」といいながら数秒、とめるだけです。この時の口は大きく開けています。それを1日に数回やるだけです。

自宅でも顔を動かしていますが、マスクをしているので、私は通勤電車の中や歩きながらやっています。

顔の筋肉を動かすように意識して生活をしています。表情筋を動かすようになってからほうれい線が目立たなくなりました。

お肌の荒れ、乾燥は人がいないところではマスクを外しています。マスクにより刺激を与えてしまうからです。

メイクをしている上からも使える「ミスト」を頻繁につけているので乾燥も防げるようになりました。お肌に水分補給をすることでマスクをしていてもうるおいがでてきました。

私は最近たるみが気になります。

私は最近たるみが気になります。

特に、ほっぺが下に下がっている感じがとてもして困っています。

なかなか下に下がったほっぺは気持ち的にもあまりいい気持にはなりませんし、人に会ったときに、「あ、こいつブルドック顔だ」なんて言われることもいやです。

なんとなく気持ち的にもいい気持ちはしませんし、なんとなく嫌な気持ちでいっぱいです。

それに私はもともと面長な顔なので、それがもっと面長になってしまうような気がしてとてもつらいです。なんだか気持ち的にもい気持ちはしません。

それでももう頬が下がってしまっていることは上げることはなかなか難しいと思っているのでしかたがなく毎日を過ごしています。ただ、最近はカッサみたいなものがあるのでそれで頬を挙げているのですがやっぱりそれでは限界があると思っています。なんとなく気持ち的にもいい気持ちになれるようにしたいなと思いますがなかなか思い通りにはいきません。

今のところ解決策はなく、毎日鏡を見ながら、ああ、わたしはなんて頬が下がっているんだろう、気持ち的にもどんよりしてしまうなと思ってしまいます。なかなか難しいですけれど今はそんな気持ちでいっぱいです。昔のあの若いころに戻りたいななんて思います。

お肌の悩みは毎日乾燥していることです。

私のお肌の悩みは毎日乾燥していることです。

特に最近感じることですが、気候が涼しく寒くなってきてしまったのでさらに感想が悪化しているような状態です。

かといって対策を何もしていませんので、やっぱりいろいろと大変なのかもしれません。それになかなか思い通りにいくことが少ないためどうしてもしんどいなと思ってしまうことが多いです。なんとなく気持ち的にもいい気持ちになりませんので、仕方がなく毎日過ごしている感じです。

私は正直言うと今のお肌の状態に満足できていません。その理由は、お肌はとても敏感で、いろいろな化粧水を試してみても結局いいものは見つからないし、今使っているもので仕方がなく使っているという感じになってしまっているからです。

なんとなく気持ち的にもいい気持ちはしませんしなんとなく不安要素がたくさん詰まってしまっていて、右も左も動けないという状態な気がしています。私はこのままでいいのか、どうなのかわかりませんがやっぱりつらいなと思うことが多いです。

それでも毎日毎日一生懸命過ごさなければなりませんし、子育てをしていると自分のお肌を守ってあげるような時間だって少なくなってしまうのでもっと自分のお肌に時間をかけて保湿をしていきたいんと思ってしまいます。

大人ニキビ スキンケアを見直してみよう!

30代になって特にフェイスラインにできるニキビが気になるようになりました。会社でのストレスや生活の中感じる、ちょっとしたストレスもすぐ、肌に影響しているように感じます。私の場合は甲状腺の病気になってしまいホルモンバランスが急激に乱れてしまった…というのも、ニキビが増えてしまった要因の一つでもあります。

最近では赤く腫れるニキビができ、痛みも感じるので、気になって潰してしまい跡残り、、なんてこともしばしば…。とりあえず、スキンケアを見直すことにしました。

まず取り入れてみようと思ったのが、アクネクリームです!ドラックストアに行って見てみると、5~6種類くらいあり悩みましたが、「フェイスラインの吹き出物・ニキビも治療する」というのがパッケージに書いてあったので、一番の悩みでもあるフェイスラインのニキビに効きそうなものを選び、スキンケアに取り入れています。

使用してからは、赤く腫れるようなニキビはできずらくなってきています。

そして、大人ニキビでもう一つ気にかけていることが、保湿です。20代の頃はニキビ用の化粧水1本で足りていたのですが、30代になってからはニキビ用の化粧水1本では足りなくなり…今は、ニキビ用化粧水と、保湿力の高い化粧水を合わせて使っています。これで、少しでもニキビが改善される事を祈るばかりです。