肌老化の感心

数年前まで美容というか見た目を諦めていなかったわたしですが、この頃急激に見た目に関心が無くなってきています。少し前までがかなり若さに執着していたので今の精神状態が普通だとは思います。しかし自分自身気持ちの変化に追いついていません。

効果はどう?nicoせっけんを購入して3ヶ月間使ってみた私の口コミ!

若さに執着があってその執着が自分を苦しめていたんですよね・・・。実際肌の老化現象なんて何をやったってどうしようもないでしょう?基礎化粧品がこれだけ充実していても肌の老化現象を止められない。老化現象を緩やかにすると謳っている製品だって使ってみてそんな効果は感じられない。結局肌の老化スピードを緩やかに出きるのは食事だったり睡眠だったりするわけで基礎化粧品の類いでは気休めにもならないわけです。

そんなこんなで今は若さへの執着や見た目に無関心になりかけています。でも、今くらい自分自身を受け止められるようになって良かったと思うし心が軽くなりました。肌はこの世からいなくなるときまで良い状態でいたいと思う気持ちは残っているので、ゆったり出来るときはして、食べたいものを食べるようにしています。カラダが欲しがっている栄養を素直に頂いたり眠くなったら寝ることが肌を良い状態に保つと思います。

ビタミンCの効果を紹介します

私も大好きな果物達は、甘くてみずみずしいですね。そんな果物で、よく言われるキーワードが、「これはビタミンCが、豊富に含まれている」といわれています。

チェルラーブリリオは効果あり?私の口コミやネット上の評判

なにかと耳にする言葉です。たしかに、代表的な果物でいうとグレープフルーツとか、イチゴ、とてもすっぱい味で有名だけれど果物である、レモンも忘れてはいけませんね。

私のように果物だからビタミンCでしょ?というふうに解釈している人もいると思います。

ビタミンCで、意外な事実があることを発見してしまいました。それは、ビタミンCが別の顔を持っていたという事実です。このことについて書いてみたいと思います。

別の顔を持つビタミンCというものがあるのですね。私が持っていたビタミンCのイメージは肌を美肌にしたり、ストレスに対して抵抗力を付けてくれる免疫力のアップ、血管を強くするなどの、いわゆる、私たちが健康でいるために欠かせない栄養素の一つであるというイメージでした。これがビタミンCの昼の顔だとすれば、もう一つの隠された別の、夜の顔とは、どんな顔なのでしょうか?

ビタミンCの、もう一つの隠された夜の顔とは、ビタミンCは酸化防止剤という顔も持っているということです。これは、どういったことかというと、食品添加物(以下、添加物と省略)としてのビタミンCがあるということです。

ビタミンCは酸化されやすいという性質も持っていて、この性質を利用したのが添加物としてのビタミンCです。このビタミンCのことを、別名「L‐アスコルビン酸」と言うそうです。

利用って、いったい、どのように利用するのでしょうか?私たちが普段、ペットボトルなどのお茶を買ったとき、成分表記のところを見てみると、酸化防止剤(ビタミンC)と表記されています。買ったお茶をすぐに全部飲んだのであれば、なんの問題もないですが、半分だけ飲んでしばらく置いておくこともありますね。

そうなれば、中のお茶は空気に触れ、どんどん酸化していきます。そうなって味が変わり、飲めなくなってしまったら、大変です。これが高いお茶であったなら、ショックですよね。時間が経ってもそうならないために、ビタミンC自身が酸化されやすいことを利用して防止剤として合成した、添加物のビタミンCに身代わりになってもらって、味に関わるような他の重要な成分を酸化から守ってもらおうというわけです。

大人ニキビ、どうにかしたい!

二十歳を過ぎたらニキビはニキビって呼ばないよ

なんてよく言われたりして

わかってるよ!と答えつつ

だからといって吹き出物、とい呼び方に

実は抵抗感があったりするのは私だけでしょうか?

なので、抵抗して二十歳はとっくに過ぎましたが

ニキビ、そう大人ニキビについての悩みを

聞いてほしいんです!!

昔からニキビができてしまう肌で

どんなに薬や洗顔に気をつけても繰り返しできて

皮膚科に行ってもなかなかいいお医者さんに出会えず

思春期はニキビと歩んでいたといっても

過言ではありません。

しかし、そんなニキビとも大人になるにつれて

うまく付き合えるようになり

以前のようにできることは減っていきました。

が、今度は若い頃のニキビとは違うタイミングで

大人ニキビができるようになってしまったんです。

理由は、おそらくストレス。

ラントゥルースの効果と私の口コミ!最安値で購入可能な通販サイトもご紹介!

大人になる過程で、自分の肌に合う

スキンケア商品を少しずつ見つけていったので

普段はそこまで悪化することはありません。

それが、精神的に負荷がかかる出来事に出くわすと

必ず大人ニキビ、しかもひとつ大きなサイズが

できてしまうようになってしまいました。

ストレス時期は自分でも気づかないうちに

ケアを怠ってしまったりしているのかとも思うのですが

気をつけていてもやはりできてしまいます。

薬を塗れば比較的治りやすいのも特徴なのですが

大人ニキビはできるとテンションががっくりさがり

ストレスが倍になるような気持ちになります。

この肌にでる体質、どうにかならないものでしょうか?

ニキビの原因とケア方法

「うわっ…ニキビできてる…。」

FACEEリキッドセラムプラスの効果を徹底検証!購入して3ヶ月使用した私の口コミ

鏡を見ると、いつの間にか頬やおでこにニキビができてること、ありますよね。

赤く腫れて目立ちますし、触ると痛い厄介者です。

「ちゃんとスキンケアしてるのに、なんでニキビができるの?」

ニキビができる1番の原因は、寝不足にあります。

目次

ニキビとは一体なんなのか

ニキビができる原因

ニキビができたときの対策、予防法

まとめ

ニキビとは一体なんなのか

毛穴が詰まることで発生する吹き出物です。

皮脂が多く分泌されたり、肌の新陳代謝が乱れると毛穴が角栓で詰まり、ニキビができます。詰まった毛穴は中で皮脂(皮膚のあぶら)が酸化し、アクネ菌が増殖することで炎症が起こるのです。

ニキビができる原因

寝不足やストレス、不規則な食生活などが原因で、皮脂の分泌の乱れ、ニキビができます。

特に寝不足は、性ホルモンの分泌が過剰になってしまいます。

すると、毛穴から大量の皮脂が分泌され、ニキビの原因となってしまいます。

ニキビができたときの対応、予防法

塗り薬や飲み薬が効果的です。

しかし理想は、規則正しい食生活と十分な睡眠をとる事です。

ニキビにならないよう、皮膚を清潔にするのは大事ですが、何度も洗顔したり力任せにゴシゴシ洗うのはNG。

皮膚を傷つけて必要な水分や脂分まで奪われてしまいます。

乾燥したカサカサ肌になってしまうので、注意が必要です。

まとめ

ニキビは油断してるとすぐ出てくる厄介者です。

しかも毎回目立つ所に出てきて、うんざりしてしまいます。

規則正しい生活を意識して、健康なお肌を維持しましょう。

髪がド直毛。ワックスもうまくセットできない現状

執筆者自身は現在23歳の男性になります。ノ・アルフレはマツキヨやドンキなどで購入可能?私の口コミ

私は子供のころから髪がかなりの直毛でストレートでした。

男ですがクセ一つなく真っ直ぐ伸びる髪を羨ましがられることも確かにありました。

子供の時はそんな状況もうれしくはあったのですが…

中学、高校ともなると男子はみなオシャレになろうと髪にワックスをつけたりなどたしなみ始めます。

そこで初めて気づいたのですが…

「あれ、ワックスつけたのにいつもと全然変わんない!」

髪が強くて直毛。ハードワックスを使っているはずがそれでもナチュラルめにセットした髪はすぐに崩れ、髪は寝ていました。

前髪をがちがちに固めて上にあげる。確かにそれなら可能です。

しかし私の年代ではやっていた緩めに散らすようなヘアスタイルをすることができませんでした。

そして社会人になり大人になったいま私は決心していたことをついに行動に起こします。
「パーマをかけよう…」

終わったあとの私は大満足でした。
ワックスを少しもみ込んだだけで髪はカールしずっと憧れだった無造作系のヘアーになれたのです。

しかし私の願望は長くは続きません。
パーマは数か月で取れてしまう。
また放っておけば、強くまっすぐ伸びた前髪がまぶたに刺さりまくりキマらないどころか不便してしまいます。

悩みはつきませんが、いまでも試行錯誤を繰り返して向き合っています。
女性ならば最高だったのかもしれまんが…

日頃の肌のコンディション

私はそれほど敏感肌というわけではないのですが、普通肌でもニキビや吹き出物が出来たり、ほうれい線のしわが気になったりします。ニキビができるのは主におでこと小鼻の横と口の周りです。私は生理前にできやすく肌も少し荒れてしまいます。

ラントゥルース

いろいろ肌に良いものを試してみたのですが、保湿だけのほうが自分の肌にはあっているみたいです。つければつけるほど逆に荒れてしまうことに気づきました。小鼻の横は毛穴が密集しているところなので赤みをおびます。化粧した時に冬は特に浮いてしまいます。

だからあえてあまり化粧をしないでおくと数日でコンディションは良くなります。口の周りは主に食べすぎや疲れているときかなあと自分では考えているのでバランスの良い食事や早寝を心がけています。あと一番困っている長年悩んでいるのはほうれい線のしわです。これは昔から結構しわが深くて笑った後とかに化粧が寄れていることがあります。

でも笑うことは良いことだと思っているので無理に消そうとはしていません。気づいたときに化粧オフして対策しています。肌のコンディションは1日1日それぞれ違うのでその時に出来ることを肌にしてあげて整えています。それでも整わない時は自分でいじって悪くしないように心がけています。

ニキビの悩みと改善までの道のり

 気になり始めたのは、就職後に研修として工場のライン作業に従事して1ヶ月ほどしてからでした。元々は全く無かったのですが、頬から始まり、額やフェイスライン、顎まで広がり顔全体にニキビができるようになっていきました。

http://www.fobcoop.jp/

 日に日に増えていくニキビがとても気になったので、ニキビを防いでくれる洗顔料と化粧水を数種類試してみましたが、ピリピリと肌が痛くなってしまったり、値段が高い割に効果が無かったりで、全く改善しませんでした。また、ニキビを治す市販薬もいろいろと試しましたがこちらも大きな効果は見られませんでした。結局はニキビを隠すために厚化粧をするしかなくなり、余計に肌に負担をかけてしまっていました。

 何をしても無くならないニキビにだんだんと気が滅入ってしまい、自分の顔を見る度に絶望していました。人に顔を見られるのがとても恥ずかしくなり、仕事場でもなるべく顔を伏せて会話も極力せずに過ごすようになっていきました。

 ニキビができ始めて半年後、もはや自分ではどうにもできなくなり精神的にも限界だったので皮膚科へ行くことにしました。皮膚科ではニキビ用の治療薬としてステロイドが入った塗り薬と飲み薬を処方されましたが、3ヶ月続けてもニキビは無くならず、皮膚科に通うことも諦めました。

 研修が終わりオフィスでの仕事に変わってからもニキビはでき続け、精神はボロボロになっていきました。

 そんなある日、ネットの記事で便秘が肌荒れを起こす原因になることを知りました。確かに仕事を始めてから便秘気味ではあったのですが、ニキビが無かった学生時代の頃も便秘になることはあったので、まさか便秘が原因だとは考えてもいませんでした。

 一縷の望みにかけて、さっそく便秘薬を使用しました。なるべく毎日お通じが来るようにしたところ、ニキビのできる数が少しずつ少なくなり、3週間後には新しいニキビができることはほぼなくなりました。現在は生理前に数個出来る程度で、あまり気にならなくなりましたが、便秘をするとニキビができてしまうので、食事や生活習慣に気を付けながら過ごしています。

 あんなにも苦しんでいたニキビが無くなるとは思ってもいなかったので、改善されたことで気持ちがとても軽くなり、今は明るく毎日を楽しめています。

主に冬に粉吹くいも、いや肌

冬、乾燥の季節になると必ず粉吹き肌に悩まされる人!はーい!(笑)
普段から基礎化粧すらズボラなのですが、冬場だけはしっかり保湿するように努めてます。
ちなみに在宅勤務に近い仕事なので、ファンデとかは滅多にしません。
なので外にあまり出ないから大丈夫だろうと思っても、なぜか吹きます……。体質なんでしょうね。

http://www.familyfootandlegcenter.com/

しかし対策をしてても、原因を調べてみると結構ドキッと来るものがありました。
まずターンオーバーの乱れの原因の代表格、睡眠不足に血行不良。冬は問答無用に手足が冷えるので
身体を温める食事を取っているのに効果は今一つ。

そして現代人がよくやりがちな寝床でスマホ見ながらの寝落ち。やめようやめようといつも思いつつ、5分だけ!が、10分20分と伸びるいつものパターン。
……もう電源落として寝た方が踏ん切り着きますかね……。
目覚ましは目覚まし時計にお任せしましょうそうしましょう。

少し話が脱線しました。
あと洗顔の仕方も原因のひとつと言われますが、なるべく優しく洗ってますし、お湯の温度も風呂場で35、7℃ほどなのでこれは問題ないかと。そのあとの保湿は抜かりなしです。
ここまで書いてみて一番肌に影響してくるのはやはり、生活習慣という基礎が大事になってるんだなと感じます。なぜ人は基礎を疎かにしてしまうのか、いやそれはお前だ。

しかしまあ粉吹き肌でも、そういう時は冬場は風邪予防ということでマスクで誤魔化すことにします。

顔のたるみを補正

歳をとるにつれどうしても誤魔化しがきかなくなるのが顔のたるみです。

外に出れば人と話をする時必ず顔は見ますから。

モイスポイントの最安値通販は?

歳と共に姿勢が悪くなるのと同じ様に、顔の皮膚も重力に逆らえず下に引っ張られたるみは生じますが、もう一つ意識しなければならないのがむくみです。特に目の下のたるみはむくみも大きな原因です。

体の老廃物は静脈とリンパによって運ばれますが、静脈の場合心臓の力で常に流れていますが、リンパは自ら流れるすべを持っていません。リンパは皮膚とその下の筋肉の動きによって流されるのです。他力本願ですね。

なので表情が硬かったり無表情の人は顔の筋肉を使わないので上手くリンパが流れず顔の上でむくみを生じやすくなります。顔の筋肉を常に使う、そう表情豊かで常に笑顔の人はそうでない人に比べ顔のたるみが目立ちにくくより若く見られます。

例えばPCの画面を見て仕事に集中している人は顔に力が入っていないので普段より歳を取って見える事が多いですが、そんな人でも顔を合わせて話をしていると明らかにPCに向かって作業をしている時より若く見えます。顔に力が入らず皮膚が下にたるんでいる時と、笑顔で口角が上がっている時ではたるみも異なるわけです。顔の筋肉を鍛える意味でも笑顔はたるみ、むくみ対策にはとても大切な事なんですね。

癖っ毛を自分で直す方法

私は生まれつき癖っ毛なのが悩みでした。ニューモはどの通販サイトが最安値?私の口コミや効果なども大暴露!
母と父の両方が癖っ毛なこともあり私も結構強めな癖っ毛でした。

特に前髪のくせが強くていつも前髪が巻いてもないのにウェーブしてます。
なので中学生の頃から毎朝学校に行く前はストレートアイロンで髪の毛をストレートにしてから学校に行っていました。

寝坊した日はご飯を食べるよりも、癖っ毛を直すためにストレートアイロンをすることを最優先してたくらい癖っ毛のまま学校に行くのが嫌でした。
雨の日は特に嫌いでした。

朝せっかくストレートアイロンしたのに湿気のせいですぐ髪の毛がうねうねになります。
友達に今日髪の毛巻いてきたの?って言われるくらい髪の毛がうねります。

なので梅雨の日はもう最悪です。
癖っ毛が私の中で少しコンプレックスでした。

毎朝ストレートアイロンをするのが億劫なので美容院でストレートパーマをかけようとも思ったのですが、その頃は学生だったのでそんなお金は無く…。
お金をかけずに自分でなんとか出来ないかいろいろ試したところ1番効果があったのは、お風呂を上がった後はすぐ髪の毛を乾かすこと。

ただ乾かすだけじゃなく、ブラシで髪の毛をとかしながらドライヤーを当てて乾かす。同じ箇所を何回か繰り返しやっていくと綺麗に髪の毛がストレートになっていきます。
少しでも乾かし残こりがあるとそこの箇所だけ髪の毛がうねってしまうので、しっかり乾かすことが重要です。

これをした次の日は朝起きても髪の毛がうねることもなくストレートの状態をキープしたまま、学校に行けるので、毎朝ストレートアイロンをしなくても良くなりました。

正しい体系認識と、健康的なダイエット

「痩せなくちゃ、価値がない」

そんな誤った認識を持ったのは、20代前半の頃。

シボルの効果やネット上の評判は?最安値で購入可能な通販サイトもご紹介!

高校時代に行ったダイエットの成功体験、医療関係の専門学校で学んだ健康の大切さ。

これらから、食生活や体形に関する正しい知識は持っていたはずなのに、あるきっかけを境に崩れていきました。

それは、うつ病の罹患です。

この体験で伝えたいのは、「ダイエットの前に、正しい体形認識を行う」、「心身が不安定な状態でダイエットを行わない」ということ。

あくまでも個人の体験なので、うつ病になったからといって痩せたい願望が生まれるわけではありません。

心を病んだとき、自分の価値を見出すことができなくなりました。

そんな頃、「痩せたね」という言葉を多く受けた私は、「私は太い。もっとダイエットしてスマートになれば、価値がある」と間違った認識をします。

大事なエネルギー源であるお米や油に対する恐怖を覚え、食事が喉を通りません。

主食はチアシード入りの豆乳スムージー。

標準的だった体重はみるみる減少し、BMIは18を切りました。

しかしストップをかけたのは、家族の存在です。

間違った認識をする私に対し、家族は何度も「これは、健康的じゃないよね」と諭してくれました。

うつ病の治療を数年続け、ようやく寛解を迎えた頃…。

ゆがんだ認識はどこへやら、食事を楽しむ自分がいました。

心が不安定だったからこそ、間違ったダイエットを行ったのかもしれません。

しかしそれは、自分も家族も悲しませることです。

私はもう、自分も大切な人も悲しませたくない。

そんな思いから、日々健康とは何かを考え、生き生きと暮らせる方法を模索しています。

正しい体系認識、健康的な心と体。

どちらも理解して初めて、「こんなダイエットをすればさらに健康的」といった目標ができるのです。

この体験が誰かのお役に立てることを、願っています。

毛穴の汚れはクレンジングで改善

暑くなり毛穴が気になる季節になりました。スキンケアの中で1番重要なのはクレンジングです。

モイスポイント

不要な皮脂や角質を毎日しっかり取り除く事で化粧水や美容液の浸透が格段と良くなります。クレンジングの種類は様々。クリームタイプ、オイルタイプ、拭き取りタイプと様々ありますが皮脂にはリキッドが1番効果的です。

今まで色々なクレンジングを試してきました。

クリームタイプのクレンジングは肌に摩擦がかからずしっかり保湿をしてくれるので洗い上がりはしっとりします。しかし毛穴の奥の汚れまで取りきれず何日か経つと角栓がプツプツと出てきてしまったので毛穴の奥まで落としきれませんでした。またアイメークも落ちにくいです。

拭き取り化粧水は何度もコットンで拭き取るので肌に摩擦がかかり負担が大きいです。毛穴の汚れもなかなか取れず角栓ができてしまいます。最終的に落ち着いたクレンジングはオイルタイプでした。アイメークの落ちにくい汚れから毛穴の奥の汚れまでするっと綺麗に落ちます。

ただ、落ちすぎてしまうので洗顔後すぐに化粧水や乳液などで保湿する事が大事です。肌にとって何が重要かというと毛穴に汚れを残さない事が1番美肌への近道だと思いました。

ガムとキャンディーでダイエット

ダイエットというと、どうしても体重を減らすために追加で何かすることを考えがちですが、何よりも先ず行うべきは、体重を増やしている原因となる習慣を改めることです。

摂取カロリーが減れば、それだけ消費すべきカロリーも減りますから、より手軽に負担の少ないダイエットを実施することが出来ます。シボルの通販最安値は?

今回注目したいのは、「口寂しいから食べる」という習慣に対抗するための、ガム&キャンディーダイエットです。

自分自身の毎日の生活を見返してみると、特にお腹がすいているわけでもないのに、なんとなく口が暇だからと言う理由でお菓子を食べてはいないでしょうか。これはなかなかに危険なもので、そもそも空腹を満たすためにお菓子を食べているわけではないので、食べ終わってまた口寂しくなればまた食べるという、危険な流れが生まれやすいのです。ガムやキャンディーは、口寂しさを紛らわせながら、なんとなく何か食べた気にもさせてくれる優秀なアイテムです。

キャンディーぐらいなら、多く食べてもたいしたカロリーにはなりませんし、色々な味わいを楽しむことも出来ますから、口が退屈することもありません。ガムやキャンディーを食べたことで、気持ちの上での空腹感がおさまれば、食事でドカ食いすることも防げますので、是非ともオススメのアイテムです。

マスクで肌荒れ、ほうれい線が目立ってきた

最近はマスクをしているからお肌のトラブルがふえました。洗面台の鏡を見た時にほうれい線の溝が深くなってきてショックでした。肌荒れ、乾燥がひどくなり、マスクをするようになってから半年の間に肌が老化してしまったのです。

テレビで見ていたら「マスクほうれい線」に悩む女性がふえているといっていました。

マスクをするようになってからは口を動かすことが減りました。

そこで紹介されていた運動を実施しました。運動といっても体を動かすのではなく、お顔の筋肉を使い、表情筋を動かす運動です。

「あ・い・う・え・お」といいながら数秒、とめるだけです。この時の口は大きく開けています。それを1日に数回やるだけです。

自宅でも顔を動かしていますが、マスクをしているので、私は通勤電車の中や歩きながらやっています。

顔の筋肉を動かすように意識して生活をしています。表情筋を動かすようになってからほうれい線が目立たなくなりました。

お肌の荒れ、乾燥は人がいないところではマスクを外しています。マスクにより刺激を与えてしまうからです。

メイクをしている上からも使える「ミスト」を頻繁につけているので乾燥も防げるようになりました。お肌に水分補給をすることでマスクをしていてもうるおいがでてきました。

私は最近たるみが気になります。

私は最近たるみが気になります。

特に、ほっぺが下に下がっている感じがとてもして困っています。

なかなか下に下がったほっぺは気持ち的にもあまりいい気持にはなりませんし、人に会ったときに、「あ、こいつブルドック顔だ」なんて言われることもいやです。

なんとなく気持ち的にもいい気持ちはしませんし、なんとなく嫌な気持ちでいっぱいです。

それに私はもともと面長な顔なので、それがもっと面長になってしまうような気がしてとてもつらいです。なんだか気持ち的にもい気持ちはしません。

それでももう頬が下がってしまっていることは上げることはなかなか難しいと思っているのでしかたがなく毎日を過ごしています。ただ、最近はカッサみたいなものがあるのでそれで頬を挙げているのですがやっぱりそれでは限界があると思っています。なんとなく気持ち的にもいい気持ちになれるようにしたいなと思いますがなかなか思い通りにはいきません。

今のところ解決策はなく、毎日鏡を見ながら、ああ、わたしはなんて頬が下がっているんだろう、気持ち的にもどんよりしてしまうなと思ってしまいます。なかなか難しいですけれど今はそんな気持ちでいっぱいです。昔のあの若いころに戻りたいななんて思います。

お肌の悩みは毎日乾燥していることです。

私のお肌の悩みは毎日乾燥していることです。

特に最近感じることですが、気候が涼しく寒くなってきてしまったのでさらに感想が悪化しているような状態です。

かといって対策を何もしていませんので、やっぱりいろいろと大変なのかもしれません。それになかなか思い通りにいくことが少ないためどうしてもしんどいなと思ってしまうことが多いです。なんとなく気持ち的にもいい気持ちになりませんので、仕方がなく毎日過ごしている感じです。

私は正直言うと今のお肌の状態に満足できていません。その理由は、お肌はとても敏感で、いろいろな化粧水を試してみても結局いいものは見つからないし、今使っているもので仕方がなく使っているという感じになってしまっているからです。

なんとなく気持ち的にもいい気持ちはしませんしなんとなく不安要素がたくさん詰まってしまっていて、右も左も動けないという状態な気がしています。私はこのままでいいのか、どうなのかわかりませんがやっぱりつらいなと思うことが多いです。

それでも毎日毎日一生懸命過ごさなければなりませんし、子育てをしていると自分のお肌を守ってあげるような時間だって少なくなってしまうのでもっと自分のお肌に時間をかけて保湿をしていきたいんと思ってしまいます。

大人ニキビ スキンケアを見直してみよう!

30代になって特にフェイスラインにできるニキビが気になるようになりました。会社でのストレスや生活の中感じる、ちょっとしたストレスもすぐ、肌に影響しているように感じます。私の場合は甲状腺の病気になってしまいホルモンバランスが急激に乱れてしまった…というのも、ニキビが増えてしまった要因の一つでもあります。

最近では赤く腫れるニキビができ、痛みも感じるので、気になって潰してしまい跡残り、、なんてこともしばしば…。とりあえず、スキンケアを見直すことにしました。

まず取り入れてみようと思ったのが、アクネクリームです!ドラックストアに行って見てみると、5~6種類くらいあり悩みましたが、「フェイスラインの吹き出物・ニキビも治療する」というのがパッケージに書いてあったので、一番の悩みでもあるフェイスラインのニキビに効きそうなものを選び、スキンケアに取り入れています。

使用してからは、赤く腫れるようなニキビはできずらくなってきています。

そして、大人ニキビでもう一つ気にかけていることが、保湿です。20代の頃はニキビ用の化粧水1本で足りていたのですが、30代になってからはニキビ用の化粧水1本では足りなくなり…今は、ニキビ用化粧水と、保湿力の高い化粧水を合わせて使っています。これで、少しでもニキビが改善される事を祈るばかりです。